痛みを感じる赤ニキビの治療法と対処方法のついて。

ニキビには、3段階あると言われていますが、一番厄介なのが赤ニキビです。赤ニキビは、皮膚の表面が赤く腫れあがって、指で押すと、痛みを感じます。赤みのある時は、毛穴が炎症を起こしている症状ですので、触ったりしたらいけないのです。炎症部分から、雑菌が入って、余計ひどく化膿する場合があるからです。

 

赤ニキビが出来てたら、市販のお薬で治療しても、なかなか治りません。皮膚科の専門医に診察してもらって、根気よく治していくしかないのです。少し症状が治まったと思っても、完全に治るまでは、お薬をつけていないと、また、再発してしまいますので、赤ニキビが完治するまでには、かなりの時間を要します。

 

また、自宅で出来る対処方法として、洗顔のし過ぎに注意して、出来るだけニキビを触らないようにすることです。赤ニキビは、触らずに刺激を与えない事が大切です。

 

そうすると、自然に症状は収まっていきます。毛穴に詰まった皮脂を早く取り除く為には、ぬるま湯にゆっくりつかって、毛穴をしっかりとひらかせて、皮脂の汚れを落とします。

 

入浴後は、無添加・無香料のお肌に刺激の無い化粧水でたっぷりと保湿を行います。ニキビには、乾燥が大敵ですので、保湿のケアが重要です。

 

顎ニキビ改善におすすめの化粧品


このページの先頭へ戻る